:::

蔡・総統、ナウルの大統領と会談

  • 15 November, 2022
  • 王淑卿
蔡・総統、ナウルの大統領と会談
太平洋にある国交樹立国、ナウル共和国のラス・クン大統領夫妻が中華民国政府の招きに応じて14日から19日にかけて台湾を公式訪問している。蔡英文・総統は15日午前、総統府前で盛大な栄誉礼を開いて一行を歓迎した。(写真:蔡・総統のフェイスブックのライブ配信より)

太平洋にある国交樹立国、ナウル共和国のラス・クン大統領夫妻が中華民国政府の招きに応じて14日から19日にかけて台湾を公式訪問しています。蔡英文・総統は15日午前、総統府前で盛大な栄誉礼を開いて一行を歓迎しました。

蔡・総統はあいさつの中で、9月末に当選したクン大統領は就任後すぐ代表団を率いて台湾を訪問して台湾に対する揺るぎない支持を示したことに感謝すると共に、台湾とナウルは、情熱に満ち溢れる海洋国家だ。しかも、自由、民主主義という共通の価値観を共有している。両国は、医療と公衆衛生、農業、牧畜業、漁業、クリーンエネルギー、海上の安全保障などの分野で頻繁に交流を行い、密接に協力しており、豊かな成果を挙げていると指摘、近年、双方はさらに新型コロナウイルスや気候変動などの多くの挑戦を乗り越えてきたと説明しました。

蔡・総統はまた、すべての国民を代表して台湾による国際組織への参与を支持しているナウルに謝意を表しました。

蔡・総統は、ナウルは国際社会において常に台湾の親しい友人の役割を果たしている。クン大統領をはじめ、ナウルの政府と国民が常に国際の場で台湾のために声を上げてくれていることに感謝すると共に、世界各国に対しても、台湾が国際社会に参与する権利を重視するよう呼びかけたいと述べました。

それに対して、クン大統領は、今回の訪問を機会に、地域の平和と安定のために、たゆまぬ努力を続けてきた、中華民国台湾の政府を称えたい。ナウルは台湾を親しい家族とみなしている。台湾は揺るぎない支持だけでなく、ナウルと手を取り合って地域の民主、自由、平和、安定の促進に尽力していると、台湾のことを高く評価しました。

関連のメッセージ

本分類最新more