:::

安倍元首相の国葬、台湾代表も参列

  • 27 September, 2022
  • 王淑卿
安倍元首相の国葬、台湾代表も参列
日本の安倍晋三元首相の国葬が27日、東京都千代田区にある日本武道館で行われた。台湾からも、対日本窓口機関、台湾日本関係協会の蘇嘉全・会長(中央)、元国会議長の王金平・元立法院長(右)、台湾の駐日本大使館に相当する台北駐日経済文化代表処の謝長廷・代表(=駐日大使、左)が代表団を率いて参列。(写真:駐日代表処提供/CNA)

日本の安倍晋三元首相の国葬が27日、東京都千代田区にある日本武道館で行われました。台湾からも、対日本窓口機関、台湾日本関係協会の蘇嘉全・会長、元国会議長の王金平・元立法院長、台湾の駐日本大使館に相当する台北駐日経済文化代表処の謝長廷・代表(=駐日大使)、李登輝・元総統の次女、李安妮・女史が参列しました。

日本のメディアは、日本政府が「指名献花」に招かれた台湾の代表団を台湾名義で紹介すると報じ、台湾に駐在している日本のメディアは、これは中国の抗議を招く恐れがあるとし、高い関心を示しています。

これについて、台湾日本関係協会の周学佑・秘書長は、安倍元首相は生前、自由と民主主義を擁護し、権威主義の拡張に反対し、国際社会で高く尊敬されている政治的なリーダーで、台湾を固く支持している外国の友人でもあった。安倍元首相の逝去は、日本、台湾のみならず、全世界の民主主義国にとっても大きな損失だ。我が国の政府は安倍元首相が台日間の友好関係を増進させるのに尽くした努力と貢献に深く感謝している。我が国の政府と人民の深い哀悼の意を表するため、26日、代表団を日本に派遣したと説明しました。

「指名献花」における台湾の名称問題について、周学佑・秘書長は、国葬における「指名献花」は日本政府が企画、決定したものだ。主催機関は適時に妥当なアレンジをすると信じている。中国が抗議するかどうかは、中国大陸側は台日間の基本的な人情と義理について抗議することはないだろうと述べました。

関連のメッセージ

本分類最新more